So-net無料ブログ作成

ウィントン・マルサリスの演奏を聴いてみた [CD/DVD紹介]

Live at the House of Tribes

Live at the House of Tribes

  • アーティスト: Wynton Marsalis
  • 出版社/メーカー: Blue Note Records
  • 発売日: 2005/08/30
  • メディア: CD

iPodのやたらとかっこいいCMのせいもあり、
タワー・レコードのジャズフロアに降りてすぐ、
10%OFFでこれが置いてあったので買ってしまった。

とはいってもCMの曲は収録されていないのでご注意を。

いやあ、タワー・レコードも商売が上手だなあ…。

結局一番気に入ったのは"green chimneys"という
1曲目のセロニアス・モンクのナンバー。

何といってもノリの良さが格別なのだ。これぞジャズという感じ。

4曲目のチャーリー・パーカーの"donna lee"も期待していたのだが、
いかんせんテンポが激早で良し悪し以前の問題である。

やはりドナ・リーは本家チャーリー・パーカーかジャコ・パストリアスの
デビュー作が良い。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

おひさしぶりです。
iPodのCM、ほんとかっこよいですよね。
子供向けにジャズとはなんぞやを彼が演奏を交えて講義 ? したビデオをもっていますが、ジャズの深い所とクラッシックの素養を合わせ持つ、素敵なトランペッターですよね。
ちょっち、インテリすぎるかな・・・。
by (2006-03-21 01:30) 

jzpf

> うろちいさん
nice!&コメントありがとうございます。
本当にお久しぶりですね。
ウィントン・マルサリスは、ニュー・オーリンズのジャズを
愛して止まないところがまたいいですよね。
by jzpf (2006-03-21 11:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1